<   2008年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2008年 07月 05日

A fatal injury

e0132832_1539215.jpg
先日修理の為に入庫した1937年のKSSの近況です。

依頼者のN様から事前に聞いていた症状は
個人売買で購入後しばらくは調子良く走っていた→1度高速走行中に抱き付きを起こす
→エンジンが冷めるとまた始動したので乗る→近所を走る分には不具合が無さそうなので
しばらくの期間乗る→ある日エンジンからオイルを吹く→修理依頼と言う感じです。

まあピストンクリアランスが過少かつオイルポンプにトラブルが出たのかな~と思いながら作業に入りました。

作業前にキックを踏むと普通にクランキングもするし、ちゃんと圧縮もあります。

まあ結論から言えば、、、オイルを吹いた原因は、、、
[PR]

by suprememoto | 2008-07-05 15:26 | velocette
2008年 07月 04日

Coming soon

今日は入荷予定車両のご紹介です。

e0132832_23442149.jpg











1964 Cotton Cougar Triumph (500cc)


日本では知名度が低いコットンですが、1918年~1980年まで存在した
英国のメーカーです。

自社製のエンジンを持たず、2次戦以前はJAP、ブラックバーン、ラッジ、ビリヤース製の
エンジンを使用、戦後はほぼビリヤース製のエンジンを使用してオートバイを生産していました。

今度入荷するこの車両は1964年にコットン自身の手によって6台のみ生産された
トライアンフT100エンジンを搭載したモデルです。

新車の時からこのままの姿で、決して近年にその他のコットンのモデルにトライアンフの
エンジンを積んだようなカスタム車両ではありません。

前オーナーと話をしたり自分で資料を調べたりしてわかったのですが、どうやら
1960年代にアーサーランプキン(97年~03年の間トライアルの世界選手権チャンピオンだった
ドギーランプキンの伯父さんです)らコットンファクトリーライダー達の為に作られた6台の
ワークスマシンの中の1台です。 フレームナンバーは1番です。

現状販売、整備後販売、レストア後販売とどのようにも対応できますのでご興味あるかたは
お気軽にお問い合わせください。

個人的にはピカピカにし過ぎずに機関だけしっかり整備して日常の足に、休日にビンテージ
モトクロスに!なんて使い方が良いかな~と思います。

予約受付中です。

e0132832_13331951.jpg












SUPREME MOTORWORKS
[PR]

by suprememoto | 2008-07-04 12:51 | information
2008年 07月 03日

Please request

今、イギリスからの車両仕入れの真っ最中です。

数台は購入済みで、現地の業者にそろそろコンテナを出して貰おうかと思っていますが
あと数台良い車両があれば仕入れようと思っています。

そこでこのブログを見てくださってる皆様がどんな車両に興味あるかご意見
頂ければなと思っています。

ご意見採用して仕入れたからと言って、責任とって買え!とは言わないんでw
じゃんじゃんご意見くださいね。


e0132832_20442197.jpg









SUPREME MOTORWORKS
[PR]

by suprememoto | 2008-07-03 20:37 | information