supreme motorworks diary

velocette.exblog.jp
ブログトップ

2011年 08月 07日 ( 1 )


2011年 08月 07日

Oil pump O/H

e0132832_20492168.jpg

ノートンインターナショナルのオイルポンプ修理です。
特に不具合は無かったのですが、エンジンフルオーバーホール時なので
点検しておきます。
(見えにくいですがオイルポンプボディーの二つの固定用の穴の内壁にはクランク
ケースからポンプを引き抜くためにねじを切っております)

ギア類、ボディーを点検したところとくに問題はありませんでしたので
カバープレート、インナーボディーを修正していきます。


e0132832_20495375.jpge0132832_20504549.jpg
修正前
やはりギアの端面が接するところは傷が入ってえぐれております。


e0132832_20512444.jpge0132832_2051392.jpg
修正後
必死に定盤上で研磨して平滑になりました。


同様にメインボディーも研磨します、研磨するとボディーからわずかにギアが飛び出して
しまいますのでツライチになるまでギアも研磨しました。


ポンプオイルをたっぷり塗って芯出ししながら組み上げて、旋盤で回しアイドリングさせておきます。



次にクランクケース側を点検。



e0132832_2052690.jpge0132832_20522728.jpg

ノートンはクランクケースの内壁をオイルポンプの一部として使用してますので
ケース側にもギアによって傷が入っています。
あまりに深く傷がある場合はフライスで傷を取り除きますが軽度の場合はヴェロセット
方式で対処します。
ヴェロセットOHCはオイルポンプとケースの間に薄いブラス製のワッシャーを挟みこんで
います。



e0132832_2053477.jpg
切り出してこれを挟みこめばオッケー。
ケース側に傷がなくても予防としてポンプを外した時には出来るだけ入れておきましょう。


復元後は油圧が2割程あがりました。やはり端面の摺動跡から油圧が抜けていたようです。



Supreme motorworks
[PR]

by suprememoto | 2011-08-07 21:04 | works