supreme motorworks diary

velocette.exblog.jp
ブログトップ

2011年 08月 03日 ( 1 )


2011年 08月 03日

飛び込み修理

急な修理の依頼ってことは間々あるのですが



e0132832_17483232.jpg
こんなものを単品で持ち込んでくる人はあまりいませんw


1930年代のエクセルシャーの250ccに使われてるスイッチ、バッテリー点火用のPLCなのですが
5~60年代に入るまでバーテリー点火の信頼性は低いこともあり採用例が少なく
修理するのも初めてです。 後期のPLC5、6は40~50年代のBSAの小排気量モデルに
よく使われているので経験がありましたが。


導通が無い部分があるのと、電気の流れが無い部分があり分解しようとしたらしいの
ですが、どうせ壊してしまうのが関の山との判断で持って来られました。

直るかどうかはわからない事と、リプロ品を手配した場合は案外高価であることと
ルックスがかなり劣ることを伝えたところ了解頂き、じゃあ近いうちに見ておきますと
言おうとしたところ

ちょっと近所で用事があるのでまたあとで来ると言い残し立ち去りました。



暗に帰ってくるまでに直せと言ってる気がします・・
大人って怖いw


e0132832_1893680.jpg
e0132832_18101665.jpg


壊さないために、作業前に良く確認してから取り掛かります。
クロームのぱねるの爪を最小限起こして分解してみたところ内部に大きな破損は無さそうです。
ただ電極を押さえつけるための強力なスプリングがパネルの爪のみによって押さえられて
いるため、爪が折れてしまうと終了です。再分解は難しいかな?


e0132832_18104043.jpg

接点の板ばねをを起こしたり、緑青をとったり地味な作業を繰り返して復元後
最終テストしたところ無事復活しました。


すると見計らったように用事を済ませて帰ってきて

あれ?もうできてるの?別に今日じゃなくても良かったのに!とニヤニヤしております。

良かった勘が当たってw


配電のパターンと使用上の注意を説明して持ち帰ってもらいました。
費用もリプロを買う場合の5分の1程度ですみました。


あ、じゃあオレのも直してってジャンジャン持ってこなくて良いですよ~。



Supreme motorworks
[PR]

by suprememoto | 2011-08-03 17:44 | works